質が良いマヌカハニーを選ぶ|殺菌作用が高いマヌカハニーで風邪知らずの身体をGETしよう

効果が期待出来るマヌカハニーの選び方!UMFとMGOが重要です

質が良いマヌカハニーを選ぶ

食器

まずはUMFとMGOについて知ろう

現在では数多くのマヌカハニーが販売されており、ちゃんと効果を得るためには質の良いマヌカハニーを選ぶ必要があります。マヌカハニーを選ぶあたって、UMFとMGOについて把握していくと良いでしょう。ここで言うUMFとはマヌカハニーの殺菌作用や抗菌成分濃度を数字として表したもので、殺菌作用の主成分であるメチルグリオキサールの含有量がMGOとなっています。基本的にUMFとMGOの数値が高ければ高いほど良いです。

UMF10+、MGO100+以上がおすすめ

健康や美容に関して良い効果を得るためにマヌカハニーを活用する場合は、UMFが10+以上でMGOが100+以上のものが良いと言われています。この数値が高いほど殺菌作用が優れていることが分かるので、最低でもUMF10+、MGO100+以上は押さえておくと良いでしょう。なお、これ以上の数値もありますが、基本的に値段が高くなっています。継続して購入しやすい値段のものを選んでいくことも大事ですよ。

しっかりとした管理体制かチェック

マヌカハニーが年間で生産される量は約1600トンですが、市場で販売されている量はなんと10000トンを超しているとのデータがあります。ちゃんとマヌカハニーを選んでいかないと偽物を利用するなんてこともありますよ。そのため、マヌカハニーを購入する際は製造から販売にかけて管理体制がしっかりと行なわれているかチェックしていきましょう。

激安の商品には注意が必要

なるべく安いものを購入したいという気持ちもあると思いますが、あまりにも安い値段で提供されているマヌカハニーは注意が必要です。激安なマヌカハニーでは満足のいく効果を期待することが出来ないでしょう。また、安く製造しているということは、、品質にも問題がある場合が少なくありません。安い値段には惹かれずに、しっかりと品質なども考慮して選んでいくことが大事と言えますよ。